トップ > 滋賀 > 12月23日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

ジャパンSDGsアワードで滋賀銀が特別賞 金融機関では初

外務省の担当者からトロフィーを受け取る北川取締役(左)=首相官邸で(滋賀銀行提供)

写真

 滋賀銀行(本店・大津市)は二十一日、国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて優れた取り組みを行う企業・団体を表彰する「ジャパンSDGsアワード」で、特別賞の「SDGsパートナーシップ賞」を受賞した。受賞は金融機関で初めて。

 県内でも初受賞。安倍晋三首相を本部長に全閣僚を構成員とする「SDGs推進本部」が主催し二回目。SDGsは「貧困をなくす」「健康の確保」「気候変動対策」など十七の目標を定めている。今回は民間企業や自治体、メディア、NPO法人など約二百五十の応募の中から、最優秀の本部長賞など十五団体が受賞。うち特別賞八団体の一つに滋賀銀行が選ばれた。

 同行は、昨年十一月に「しがぎんSDGs宣言」を表明。SDGsの考え方に賛同し社会的な課題解決に向けて取り組む企業などへのローン優遇や、新ビジネスの表彰制度の中に「SDGs賞」を新設するなどしている。

 安倍首相も出席した表彰式が東京の首相官邸であり、同行の北川正義取締役が外務省の担当者からトロフィーや賞状を受け取った。

 (堀尾法道)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索