トップ > 滋賀 > 12月19日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

ひこにゃん、鏡餅用に餅つき 彦根城

力いっぱいきねを振り下ろすひこにゃん=彦根市の彦根城天守前で

写真

 彦根市の彦根城天守前広場で十八日、城内に飾る鏡餅用の餅をつこうと、市の人気キャラクター、ひこにゃんがきねを振るった。

 年末の恒例行事で観光客ら百人が来場。玄宮園の水田で栽培されたもち米十二キロと地域の農家からの三十六キロを炊き、最初に彦根城管理事務所の職員らが「よいしょ」と軽快なリズムでついた。

 ひこにゃんもきねを手に応援。観光客がカメラを向ける中、職員に支えられながら、ゆっくりときねを振り下ろした。岐阜県高山市から訪れた田辺友也さんと真由子さん(29)の夫婦は「ひこにゃんがもちもちしていて、愛らしさに癒やされた」と笑顔を見せた。

 餅の一部はきな粉をまぶして振る舞われた。鏡餅は二十七日から天守玄関と楽々園に飾り、来年一月四日に鏡開きをする。

 (大橋貴史)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索