トップ > 滋賀 > 12月2日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

乾先輩、サッカーゴールをありがとう 母校・八幡中でお披露目式

乾選手から贈られたサッカーゴールに喜ぶ後輩部員=近江八幡市八幡中で

写真

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で活躍した乾貴士選手(30)=スペイン1部リーグ・ベティス=の母校、近江八幡市八幡中学校で一日、乾選手から贈られたサッカーゴールのお披露目式があった。

 乾選手は同大会で二得点の活躍を遂げ、大会後には市民栄誉賞が授与された。お返しとして、乾選手は市へ百万円を寄付し、市は母校の同校と八幡東中学校にサッカーゴール各一組を購入した。

 式には一、二年のサッカー部員三十八人が参加。野村正校長らがテープカットし、同部のエースストライカー岡田大和さん(二年)のペナルティーキックによる始球式で祝った。

 これまでのサッカーゴールは鉄製で重く、動かすには十五人ほどが必要だったが、新品の物はアルミ合金製で軽く、四人で運べる。同部の小柳真一郎顧問(40)は「ゲームに合わせて自由に動かせるため、とても使い勝手がいい」と話す。

 偉大な先輩から贈り物を受け取った林虎道主将(二年)は「乾選手は自慢の卒業生。少しでも近づけるよう、練習を頑張りたい」と目を輝かせた。

 (平井剛)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索