トップ > 滋賀 > 11月4日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

井伊直弼役に佐野史郎さん ひこねの城まつりパレード

パレードで井伊直弼を演じる佐野さん=彦根市で

写真

 彦根市で三日開かれた「ひこねの城まつりパレード」に、俳優の佐野史郎さんが、彦根藩十三代藩主で幕末の大老を務めた井伊直弼(なおすけ)役で行列に加わった。

 佐野さんは、放映中のNHK大河ドラマ「西郷どん」でも直弼役を好演した。一行は、彦根から江戸に旅立つという設定。城東小学校であった出発式では、佐野さんが「開国こそが将軍のお考え。余と共に突き進んでくれ」と呼び掛けると、参加者らが「オー!」と気勢を上げた。

 佐野さんは彦根城佐和口多聞櫓(たもんやぐら)前で馬を止め「咲きかけし たけき心の ひと房は 散りての後ぞ 世に匂ひける」と、直弼の辞世の句を詠んだ。集まった人からは温かい拍手が送られた。

ひこにゃんを先頭に沿道の声援に応えるゆるキャラたち=彦根市で

写真

 京町通りや彦根城、夢京橋キャッスルロードをパレード。列に加わった彦根鉄砲隊や彦根鳶(とび)保存会のメンバーは、演舞を披露した。彦根市の「ひこにゃん」、親善都市・水戸市の「みとちゃん」などのキャラクターは、沿道に手を振りながら進んだ。 

 (大橋貴史、横田信哉)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索