トップ > 滋賀 > 10月28日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

AIが行政手続き紹介 長浜市、ネットで実証実験へ

長浜市が11月から実証実験を始める「市民課Q&Aチャットボット」の画面=長浜市役所で

写真

 長浜市は十一月一日から、行政手続きに関する市民からの質問に人工知能(AI)を活用してインターネット上で自動回答するシステムの実証実験を始める。市によると、県内の自治体では初めて。市の担当者は「職員の削減が進む中、定型化した業務は機械に任せ、窓口対応や企画の立案などに人を集中させたい」と話す。

 スマホやパソコンから市のホームページにアクセスし、専用のアイコン「市民課Q&Aチャットボット」をクリック。自由入力欄に「住民票の期限は」「婚姻届がほしい」「引っ越し手続き」などと質問を打ち込むと、手続きの方法が自動で表示される。

 質問が不明確な場合でも、AIが利用者の意図をくみ取って関連する選択肢を提示し、回答へと導く。学習機能も備えている。

 行政手続きの方法は市のホームページに掲載されているものの、「探すのが大変」「検索ワードが少し違うだけでヒットしない」などの声があった。市民課には行政手続きに関する電話が一日五十〜六十件あり、職員が対応で余裕がなくなることもあった。

 実験は、市民の利便性向上と職員の業務の効率化につながるとして、京都市のシステム開発会社と共同で始める。システムは、既存の自動対話プログラム「チャットボット」を活用。近年、買い物サイトの顧客対応や、宿泊施設のフロントの客室対応などで活用が広がっているという。

 実証実験は来年六月末まで。転入や転出などの住所異動届を自宅で事前に作成できるサービスも同時に始める。担当者は「実験中にシステムの精度を上げ、費用対効果をみた上で導入できるか検討したい」と話している。

 (渡辺大地)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索