トップ > 滋賀 > 10月25日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

かわらけ投げ、目指せ世界一 11月18日に長浜・竹生島で

鳥居に向けて、かわらけを投げる人たち=昨年11月、長浜市の竹生島で(長浜観光協会提供)

写真

 長浜観光協会が、十一月十八日に長浜市の竹生島で開く「第二回竹生島かわらけ投げ世界選手権」日本人の部の参加者を募集している。定員五十人で締め切りは五日。

 竹生島にある都久夫須麻(つくぶすま)神社(通称・竹生島神社)の竜神拝所から、直径八センチの素焼きの皿「かわらけ」を二枚投げ、十五メートルほど離れた鳥居の柱の間をくぐらせる競技。勝ち抜き戦で勝敗を決める。優勝者には市内宿泊施設のペア利用券と竹生島ペアクルーズ券が贈られる。参加賞もある。

 午前十時に長浜港に集合し、チャーター船で竹生島に移動。クルージングや昼食に続き、午後一時から競技が始まる。外国人の部は定員に達し、募集を締め切った。日本人の参加料は三千円で小学生は二千円。(問)長浜観光協会=0749(65)6521

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索