トップ > 滋賀 > 9月25日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

開幕前哨戦、地元で勝利 Bリーグ・レイクスターズ

ゴール下で競り合う選手たち=守山市三宅町の守山市民体育館で

写真

 プロバスケットボールBリーグ一部の滋賀レイクスターズが二十四日、守山市三宅町の守山市民体育館で、昨シーズンまでレイクスでプレーしていた長谷川智伸選手(27)が所属する三遠ネオフェニックスとプレシーズンマッチを戦い、76−73と勝利をつかんだ。

 今シーズン初めてのホームゲームとなり、新生レイクスを一目見ようと、千二百六十三人の観客が会場に足を運んだ。

 前半は両者とも譲らない展開となり、38−39の一点差で折り返した。後半は第3クオーター(Q)でレイクスのシュートミスなどが出て、54−60と六点差まで広げられたものの、第4クオーターでは、「リラックスしてプレーできた」と試合後に振り返った高橋耕陽選手(24)がフリースローを冷静に決めるなど七得点と大活躍。チームに勝利を呼び込んだ。

 ショーン・デニスヘッドコーチは「第4Qにディフェンスを改善することができて、よい結果につながった」とコメントした。

 レイクスはBリーグ開幕戦を十月六、七日にウカルちゃんアリーナ(県立体育館)で新潟アルビレックスBBと戦う。

 (柳昂介)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索