トップ > 滋賀 > 9月23日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

祝10周年、今年は好天 草津でイナズマロック開幕

メインステージで熱唱する西川さん=草津市の烏丸半島芝生広場で

写真

 県出身の歌手で、滋賀ふるさと観光大使も務める西川貴教さん(48)主宰の野外音楽祭「イナズマロックフェス」が二十二日、草津市の烏丸半島芝生広場で始まった。十周年を迎えた今年は二十四日までの三日間、総勢百十組を超えるアーティストやパフォーマーが舞台を盛り上げる。

 十年間の軌跡を振り返る映像が紹介されると、広場を埋め尽くした観客から歓声が上がった。メインステージに登場した西川さんは「関わってくれた皆さん、集まってくれた皆さん。ありがとうの思いを込めて(開会を)宣言します!」とあいさつ。その後はトップバッターとして、全身を使って熱唱した。

 同フェスは近年、悪天候続きで、一昨年は雷雨、昨年は台風で公演が中止された。今年は久しぶりの好天に恵まれた。

 十年前から毎年訪れている三重県鈴鹿市の会社員林田千昌さん(37)は「(野外なので)ステージの向こうに見えるきれいな夕日が、今年は見られそう」と期待。「お祭りのような一体感のある雰囲気が好き。生きてる限り毎年来ます」と話した。

 (高田みのり)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索