トップ > 滋賀 > 9月13日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

奈良時代の倉庫?柱跡見つかる 彦根・福満遺跡

奈良時代の倉庫とみられる柱跡が見つかった福満遺跡。奥は古墳時代の竪穴住居=彦根市小泉町で

写真

 彦根市の福満遺跡(小泉町、西今町)で、奈良時代の倉庫とみられる建物の柱跡などが見つかった。彦根市教委によると、現在の犬上郡周辺から税の「租」として集めた米を保管する倉庫で、公的な施設の意味合いを持った物流拠点だったとみられる。三十日午前十時から、発掘調査の現地説明会がある。

 福満遺跡は縄文後期(三千五百年前)から鎌倉時代までの複合遺跡で、犬上川右岸から一キロ圏内の自然堤防上にある。市教委は、水運や陸路に恵まれた付近が奈良時代に税の米を集積する公的施設に変遷したとみている。

 遺跡の全体像は十七万七千平方メートルと広大で、一九八一年から二十回以上調査をしている。今回は、新市民体育センターの建設に向けた事前の調査。市教委が県文化財保護協会に調査を依頼し、小泉町の一万一千五百五十平方メートルを昨年八月から発掘していた。

 倉庫の柱跡から、約二十畳の掘立柱建物二棟を確認。ほかに、古墳時代の竪穴住居跡が見つかり、鎌倉時代の溝から、土器や漆器、木製品も出土した。

 調査に関わった県文化財保護協会の中川治美副主幹は「非常に広い範囲で多様な年代の遺構が見つかった。地域の物流や、税の集め方の仕組みを考える上で基礎資料になるのではないか」と話した。

 現地説明会では、出土した土器の一部も見ることができる。事前申し込み不要で参加無料。雨天決行。(問)同協会=077(548)9780

 (大橋貴史)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索