トップ > 滋賀 > 9月13日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

多賀・一ノ瀬地区に休憩所完成 県立大生が建築

休憩所の完成を喜ぶ学生たち=多賀町一ノ瀬で

写真

 県立大(彦根市)の学生団体「多賀木匠(もくしょう)塾」が多賀町一ノ瀬の集会所横に建築していた休憩所が十一日、完成した。デザインや設計、施工など全てを学生が担当。誰でも楽しく利用できる休憩所を目指した。

 木匠塾は、町の森林資源を生かして地域を活性化しようと毎年夏休みに活動。これまでに多賀幼稚園の遊具や大滝小学校のバス待合所などを造った。

 今年は、町内の一ノ瀬地区から「子どもからお年寄りまで皆が集まれる休憩所が欲しい」と依頼を受けた。学生七十五人が十班に分かれてデザインを考案。七月には各班が作った模型や資料を集会所に置いて、住民が投票した。

 選ばれたのは円柱を囲むようにベンチを設置する案。学生たちは今月一日から十一日まで町内に泊まり込み作業を続けた。代表で環境建築デザイン学科三年の溝口裕司さんは「地域の人にとって、憩いの場になってくれればうれしい」と話した。十五日に住民を招いたお披露目会を開く。

 (安江紗那子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索