トップ > 滋賀 > 9月4日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

要入院女性の監視怠り死亡 県立精神医療センター

 県立精神医療センター(草津市)で「入院が必要」と診断された五十代の女性が、昨秋、近くのマンションから転落死していたことが分かった。県は一定の責任を認め、遺族に和解金三百万円を支払う方針を固めた。

 センターによると、昨年九月、家族が入院手続き中に女性の行方が分からなくなった。女性はその後、近くのマンションから転落しているのが見つかり、死亡が確認された。自殺とみられる。

 遺族側は今年五月、センターの監視が不十分だったとして民事調停を起こし、県に損害賠償を求めた。県は一定の責任を認めて和解金を支払う方針で、近く県議会に議案を提出する。センターの担当者は取材に「九月議会への提出を目指しているが、金額や最終的なことは調整中」と説明した。

 (高田みのり)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索