トップ > 滋賀 > 9月3日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

西の勝ち「今年は豊作」 日野、近江中山の芋競べ祭り

酔っぱらったような足取りでサトイモの長さを測る男性ら=日野町中山で

写真

 八百五十年以上の歴史がある国重要無形民俗文化財「近江中山の芋競(いもくら)べ祭り」が二日、日野町中山の熊野神社周辺であった。近くにある東西それぞれの集落で取れた最長のサトイモを比べ、西が勝つ年は豊作になるとされる。

 熊野神社での儀式の後、かみしも姿の男性たちは集落ごとに分かれてサトイモをくくりつけた竹を担ぎ上げ、一キロほど離れた野神山の頂上へ運んだ。

 長さ比べが始まると、男性たちは酔っぱらったような足取りで、竹の前を行ったり来たり。カシの木の物差しを当てて二つのイモの長さを測ったが、双方とも自分の集落の方が長いと譲らなかった。数度の計測を経て西の勝利が決まると、観客らは吉兆を喜ぶ声を上げた。

 (小原健太)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索