トップ > 滋賀 > 8月27日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

長浜の医療環境とは? 滋賀医科大生ら病院見学

看護師から病院の特色について説明を受ける学生ら=21日、長浜市立長浜病院で

写真

 長浜市の医療環境を知り、将来の進路選択に役立てようと、滋賀医科大(大津市)や旭川医科大(北海道)の医学生、看護学生ら十七人が、長浜市内の病院や診療所を見学した。

 滋賀医科大に事務局がある認定NPO法人「滋賀医療人育成協力機構」が年二回、県内各地で開いている宿泊研修の一環。大学、専門学校を問わず県内での就職を希望する学生を対象に催している。学生にとっては将来の働き方を考える場、病院にとっては医師や看護師確保に向けたPRの場となっている。

 二日目は市北部の診療所を見学して地域医療の最前線に触れた後、午後から市中心部の総合病院を訪れた。市立長浜病院では看護師の案内で回復期リハビリテーション病棟などを見て回り、病院の特色や長所を教わった。

 彦根市出身で、同大医学科五年の呉方舟(ほうしゅう)さん(22)は「人工透析センターは大学病院よりも充実している印象。勤務先の選択肢の一つとして考えたい」と話した。

 (渡辺大地)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索