トップ > 滋賀 > 8月26日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

走って転がすびん手まり 愛荘で中山道宿場まつり

びん細工手まりをモチーフにしたゴムボールを転がす参加者=愛荘町で

写真

 第十五回中山道宿場まつりが二十五日、愛荘町の中山道愛知川宿街道交流館を中心に開かれた。「びん手まりころがし」が初めて行われ、白熱のレースに会場は大いに沸いた。

 県伝統的工芸品の愛知川びん細工手まりをモチーフにした直径一・五メートルのゴムボールを三人一組でリレーし、タイムを競った。町内外から十組が出場し、愛知中学校美術部がデザインした鮮やかなボールを一生懸命に転がし、二百メートルのコースを駆け抜けた。お面を付けた参加者もいて、観客はカメラを手に楽しんだ。

 コスプレイベントや和太鼓演奏、飲食屋台などもあった。

 (稲垣遥謹)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索