トップ > 滋賀 > 8月24日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

漫画やすごろくで西堀栄三郎を知ろう 東近江で人生紹介

西堀に関する漫画やすごろくが並ぶ会場=東近江市の湖東図書館で

写真

 第一次南極地域観測隊越冬隊長を務めた探検家、西堀栄三郎(一九〇三〜八九年)への理解を漫画やすごろくで深めてもらおうと、「エピソードで知る西堀イズム」展が東近江市の湖東図書館で開かれている。無料。九月二日まで。

 子どもや若者などに広く西堀のことを知ってもらうため、図書館近くの西堀栄三郎記念探検の殿堂が企画。漫画、すごろくは探検の殿堂職員が制作した。

 漫画では、大学院生として第一次隊に参加した北村泰一さんとのエピソードを紹介。不注意で火事を出し、観測用の小屋や機材などを失った北村さんを叱らず、自作の代替機材を渡して励ましたことが明るいタッチで描かれている。

 すごろくでは、西堀の生涯が学べる。会場にある記録用紙に感想を書き、備え付けの応募箱に入れると抽選で五人に探検の殿堂のオリジナルグッズが当たる。二十八日は休み。

 (小原健太)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索