トップ > 滋賀 > 8月21日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

彦根梨、食べ頃です 出荷本格化

袋詰めになった新鮮な彦根梨を買い求める人たち=彦根市石寺町の美浜館で

写真

 彦根市の特産品「彦根梨」の出荷が本格化し、同市石寺町のJA東びわこフーズマーケット美浜館などに新鮮な梨が並んでいる。

 JA東びわこによると、今夏は暑い日が多く、平年よりも一週間ほど早く収穫作業に着手。果実は小さめながら甘みは増している。

 同市と愛荘町にあるJA東びわこの直売所四カ所で、九月中旬まで販売している。現在は「幸水」を中心に販売。九月上旬から「豊水」を売りだす。

 彦根梨の生産者は市内の荒神山付近の農家約二十戸。梨の木で完熟させてすぐに出荷することから、甘くみずみずしい食感が味わえるとして人気となっている。

 (大橋貴史)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索