トップ > 滋賀 > 8月19日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

近江、金足農にサヨナラ負け 17年ぶりの8強

 1点リードの最終回に劇的な幕切れが待っていた−。第百回全国高校野球選手権記念大会は十八日の準々決勝で、滋賀代表の近江が金足農(秋田県)と対戦し、2−3でサヨナラ負けした。四回、住谷湧也選手の右越え二塁打で先制点をもぎ取り、六回には北村恵吾選手の適時打で勝ち越すも、最後に逆転された。初戦で強豪校に勝利し、二回戦はサヨナラ勝ち。三回戦も快勝して十七年ぶりの8強入りを果たした近江ナインの夏が終わった。

◆父に誓った約束舞台 北村選手

6回表近江1死三塁、左前に勝ち越し打を放つ北村選手

写真

 「犠飛でもいい。何としても走者をかえしたかった」。思い切り打ち返した打球は三遊間を破り、勝ち越し点となった。

 同点で迎えた六回、1死三塁で北村恵吾選手(三年)が打席に立った。その前に二塁打の土田龍空選手(一年)を家田陸翔選手(三年)が犠打で三塁へ送り、北村選手に託した。「仲間が必死でつないでくれた打席。絶対に打ちたい」。直球を振り抜き、後輩に本塁を踏ませた。頼れる四番として甲子園でもチームをけん引した。

 昨春、打球に飛び込んだ際に腰を負傷。試合にも練習にも出られず悔し涙を流した時、「焦る必要はない」と、父親の哲也さん(50)が言葉を掛けた。哲也さんは毎週末、岐阜県の実家から北村選手が過ごす彦根市の寮まで訪れ、通院に付き合った。「来年がある」。父親の言葉は、焦っていた北村選手を救った。

 自身も球児だった哲也さんは、北村選手の「一番の専属コーチ」。バットの握り方からボールの持ち方まで、全て哲也さんから教わった。自宅の庭にはネットを張り、キャッチボールや打撃練習は二人の日課。近江に進学が決まり、自宅を離れるときに思った。「父を甲子園に連れて行こう。それが親孝行だ」

 決意の日から二年半、甲子園グラウンドに立つ北村選手。応援席には哲也さん。「父に、決勝戦で戦う姿を見せたい」と、バットを力強く握った。1点リードし続けるも、サヨナラ負け。決勝戦まで連れて行けずゲームセットの瞬間、膝から崩れ落ちて泣いた。

 「この舞台で自分の力を出し切れたのは家族のおかげ。本当に楽しかった」。試合後はすがすがしい笑顔だった。

 (安江紗那子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索