トップ > 滋賀 > 7月25日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

男衆、激しく花奪い 甲賀・大鳥神社で大原祇園祭

男衆が竹の棒で激しく花がさをたたき合う大原祇園祭=甲賀市の大鳥神社で

写真

 無病息災や家内安全を願う県指定無形民俗文化財の「大原祇園祭」が二十四日、甲賀市甲賀町鳥居野の大鳥神社であった。

 室町時代の一四一五年から続くとされる夏祭り。九つの地区ごとに、太鼓を抱えた踊り子の子どもたちの先導で、「真花(しんか)」と呼ばれる造花を付けた高さ約二・五メートルの花がさ計約五十本が境内に入った。

 「花奪(ば)い神事」では、京都・八坂神社の西楼門を模したという朱塗りの楼門の前に男衆七十三人が左右に列をつくり、拝殿から担がれて次々に出てきた花がさを竹の棒でたたき、引き倒した。参拝者らは、御利益があるとされる真花を奪い取ろうと、花がさに群がった。

 昨年までは踊り子を務めていた地元の甲賀中学校一年、山方凜人(やまがたりんと)さん(12)は「友達と三人で花を二十本以上取った。祭りに参加している感じが楽しい。神棚に供え、家族が元気でいられるよう祈りたいです」と話した。

 (築山栄太郎)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索