トップ > 滋賀 > 7月4日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

「きゃんせの森」立ち入り禁止 米原の突風で倒木

突風の影響で倒れた木がそのままになっている「きゃんせの森」=米原市夫馬で

写真

 県森林政策課は三日、米原市で六月二十九日に発生した竜巻とみられる突風で、樹木百二十本に倒木などの被害が出た同市夫馬の森林公園「きゃんせの森」を立ち入り禁止にしたと発表した。同課によると、三・四ヘクタールの敷地内にあるヒノキやアベマキ百二十本が突風の影響で根こそぎ倒れたり、幹から折れたりした。研修棟「フォレストセンター」では、金具が外れた屋根の一部が浮き上がっている。

 現在も、倒れた木がそのままになっており、折れかけた枝がぶら下がっている木も多い。けが人が出る恐れがあり、立ち入り禁止にした。復旧のめどは立っていない。

 (稲垣遥謹)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索