トップ > 滋賀 > 7月2日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

米原突風、2日から罹災証明申請受け付け

突風被害で出たごみの分別に追われる市職員ら=米原市山東グラウンド駐車場で

写真

 六月二十九日に米原市で発生した竜巻とみられる突風で、市災害対策本部は二日午後一時から、山東庁舎で、罹災(りさい)届け出証明書の申請受け付けを始める。被害の程度を確認する「住家被害認定調査」は四日以降に実施する。

 山東庁舎の相談窓口では、一日までに来庁と電話で計九十八件の相談が寄せられた。ごみ処理や罹災届け出証明書の発行に関する内容が多かったという。

 ごみ搬入先の同市山東グラウンド駐車場では一日に、ごみの受け入れ最終日としたため、次々とごみを積んだ軽トラックや乗用車が訪れた。職員ら二十人がごみの搬入の対応に追われ、運転手に運んできたごみの種類を確認し、金属や木材、布団、畳などに分けて積み上げていた。

 二日以後は、がれき以外のごみならばクリーンプラント(長浜市大依町)で受け付ける。米原市山東庁舎では、同プラントに持ち込むごみ処理手数料免除に必要な書類を発行する。ごみの相談は今後、市伊吹庁舎の環境保全課で応じる。

 (問)市災害対策本部=0749(55)2040

 (稲垣遥謹)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索