トップ > 滋賀 > 6月27日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

3博物館でスタンプラリー 県が初、「びわ活」の一環

 県は七月一日の「びわ湖の日」から八月末まで、琵琶湖に関わる三つの博物館のスタンプラリーを初めて開催する。琵琶湖に関わる活動に参加しようと、県が呼び掛けている「びわ活」の一環。

 参加するのは、県立琵琶湖博物館(草津市)、大津市歴史博物館、京都市琵琶湖疏水記念館(京都市左京区)の三館。六十七年ぶりに琵琶湖疏水通船が本格運航されたことなどを記念して企画した。

 台紙は、県が県内の小中学生全員に配布する「この夏! びわ活! ガイドブック」にとじ込んだほか、各館でも配布する。来館者向けのスタンプを三館全てで集めて、各館に設置されている応募箱に投函(とうかん)すると、抽選で琵琶湖博物館ペア入場券や、疎水通船チケット、琵琶湖に関する学習ノートなどが当たる。

 県琵琶湖保全再生課の担当者は「三館とも特色が異なる展示がある。夏休み中でもあるので、親子連れで楽しみながら訪れてほしい」と話す。

 (電)県琵琶湖保全再生課=077(528)3453

 (角雄記)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索