トップ > 滋賀 > 6月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

安土城跡の麓の施設トイレを無料に 近江八幡市が6月から

今月から利用が無料になったガイダンス施設のトイレ(右側)=近江八幡市安土町下豊浦で

写真

 近江八幡市は、国特別史跡・安土城跡の麓にあるガイダンス施設(愛称・城なび館)のトイレ利用を今月から無料にした。トイレだけを利用したい人も200円(小中学生は100円)の入館料を払わなければならず、観光客やタクシー運転手などから不評だった。

 市が2010年に施設を建てた際は無料で、駐車場が有料だった。だが、安土山を所有する寺が14年に無料駐車場を近くに整備したことで、施設駐車場は利用が激減。市は対抗策として17年4月から駐車場を無料にし、施設を有料にした。市文化観光課の担当者は「施設を維持していくにはトイレの利用者にも応分負担してもらう必要があったが、観光地の評判が下がるため見直した」と話す。

 トイレ以外の施設利用はこれまで通り有料。館内では安土城のバーチャルリアリティー(仮想現実)動画の上映や土産物の販売などをしている。

 (平井剛)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索