トップ > 滋賀 > 6月13日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

草津でハナショウブ展 17日まで

美しい花を咲かせているハナショウブ=草津市下物町の草津市立水生植物公園みずの森で

写真

 ハナショウブ展が草津市下物町の市立水生植物公園みずの森で開かれ、色とりどりの花が来場者を楽しませている。十七日まで。

 ロータス館エントランスホールには、金びょうぶを背景に紫や薄紫、白などのハナショウブが信楽焼の鉢に飾られたほか、食堂へつながる通路も含めて計約三十鉢を展示。期間中、開花状況に応じて百品種を鉢物で紹介していく。園内の湿生花園でも観賞できる。

 植物を管理する若松康史さん(52)は「花を間近で見られるのが屋内観賞の利点。一つ一つの花の脈などにも注目し、その精巧さを感じてほしい」と話している。入場料は大人三百円など。月曜休館。

 (市川勘太郎)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索