トップ > 滋賀 > 6月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

介護施設職員が暴言 守山、入所者に「クソじじい」

 守山市荒見町の介護老人保健施設「シニアセンターティファニー」で、職員が入所者に暴言を吐くなどの虐待を繰り返したとして、市が高齢者虐待防止法に基づく改善を求めていたことが分かった。県も施設の運営が適切だったかを監査で調べている。

 市によると、昨年十二月に入所者が虐待されているとの内部通報があった。今年二月に県と合同で施設に立ち入り調査をしたところ、職員が男性入所者に「クソじじい」と暴言を吐いていたほか、無断でベッドの周りに柵を設けて入所者が下りられないようにしていたことが分かった。

 市は三月に施設を運営する野洲市の医療法人「翔英会」に改善を要求。四月に同法人から改善計画書を受け取ったが、内容が不十分だったため再提出を求めている。施設側は入所者や家族に謝罪したとしており、「担当者が不在で詳細は答えられない」としている。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索