トップ > 滋賀 > 6月9日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

ハナショウブ見頃 彦根・庄堺公園

紫や白など色とりどりのハナショウブが咲く庄堺公園=彦根市開出今町で

写真

 彦根市の花、ハナショウブ三千本が同市開出今町の庄堺公園で色とりどりの花を咲かせ、見頃を迎えている。二十日ごろまで楽しめる。

 公園内の千二百平方メートルの敷地に、紫色の「栄紫」や白色の「若水」、ピンク色の「夕富士」など、二十八種類が咲き誇っている。来園者はじっくりと眺め、時折、スマートフォンで撮影する姿も見られた。

 親子で訪れた三亀小百合さん(38)は「毎年この季節になると美しい花が咲くので、楽しみにしていた」とほほえんだ。

 娘の愛実ちゃん(5つ)も「紫は一番好きな色。きれいな花を見ると気分が浮き浮きする」と話した。入園無料。

 (大橋貴史)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索