トップ > 滋賀 > 6月8日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

理想の上司は松岡修造、天海祐希 県内、新入社員意識調査

写真

 しがぎん経済文化センター(大津市)が実施した県内企業の新入社員意識調査で、「他によい仕事があれば転職する」とした回答割合は20・6%で、五年連続で増加したことが分かった。

 「定年まで勤めたい」は51・4%で最も多いものの、この三年はほぼ横ばい。「いずれ独立したい」は6・2%だった。センターの長山真由美研究員は「転職に対する抵抗感が少なくなっている」と分析した。

 男女別では、女性の「結婚したら辞める」(7・9%)が二年ぶりに増加したが、「子どもができたら辞める」(11・5%)は六年連続で減少した。

 一方、理想とする上司像を有名人に例えてもらったところ、男性は三年連続で元テニス選手の松岡修造さん、女性は九年連続で女優の天海祐希さんが一位に選ばれた。松岡さんは「厳しく指導してもらえそう」、天海さんは「仕事ができそう」の理由が最多だった。

 調査は三月二十七日〜四月十三日に、センター主催の新入社員研修に参加した六百四十五人から自由記述で回答を得た。

 (堀尾法道)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索