トップ > 滋賀 > 5月4日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

かっこよくPRするぞ 甲賀、忍者グランプリ決まる

キッズ忍者グランプリに選ばれた(前列左から)三輪さん、森下君、ミスくノ一グランプリの岩田さん(後列左)、準グランプリの黒崎さん(同右)=甲賀市の甲賀の里 忍術村で

写真

 甲賀市甲賀町隠岐の「甲賀の里 忍術村」で三日、キッズ忍者とミスくノ一のオーディションがあった。キッズは全国から八十八人の応募があり、書類選考を通過した十四人が出場。手裏剣投げと作文、特技でアピールした。ミスは応募した三十一人から七人が公開審査に進み、特技や殺陣を披露して会場を沸かせた。

 忍術村の柚木俊一郎村長と歴代ミス三人が審査。キッズのグランプリには、いずれも側転などの体操技をかっこよく決めた愛知県豊川市国府(こう)小学校三年の森下颯也(そうや)君(8つ)と同県江南市門弟山(もんていやま)小学校二年の三輪里央菜(りおな)さん(7つ)が輝いた。

 二人とも第一回の昨年に続く再挑戦で、森下君は「かっこいい忍者になりたい」。昨年は弟の龍也君(6つ)にグランプリを奪われた三輪さんは「体操教室で修行して技を増やした。バック転をクルクルできるアイドルになりたい」と話した。

 ミスくノ一グランプリは、愛知県の高校二年生岩田真理亜さん(16)、準グランプリは大阪府の消防士黒崎葵さん(23)。岩田さんは「動画配信で世界中に忍者が伝わるよう頑張りたい」と抱負を語った。

 四人は今後、忍術村や市の忍者キャンペーンなどで活動する。

 (築山栄太郎)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索