トップ > 滋賀 > 5月1日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

来館者50万人突破 長浜・ヤンマーミュージアム

50万人目の来館者となり、くす玉を割る上久保悠希ちゃん(手前中央)=長浜市三和町のヤンマーミュージアムで

写真

 長浜市三和町のヤンマーミュージアムの来館者が三十日、五十万人を超えた。二〇一三年三月のオープンから五年一カ月余りでの快挙達成で、本物のショベルカーの操作体験などができるとあって近年では年間約十万人が訪れている。

 五十万人目となったのは、名古屋市名東区、幼稚園年中児上久保悠希(かみくぼはるき)ちゃん(4つ)。母の智子(さとこ)さん(35)、妹の璃香(りこ)ちゃん(2つ)のほか、智子さんの兄の掘江毅(つよし)さん(38)=東京都葛飾区=と長男の昊(そら)ちゃん(2つ)父子も同行。二家族計五人は、長浜市内の親戚の紹介で訪れた。

 一階ロビーであったセレモニーでは、悠希ちゃんがくす玉を割り、スタッフから祝福を受けた。山本昇館長(61)が「良かったね」と、悠希ちゃんに記念品のミニカーやマグカップなどを手渡した。初めて訪れたという智子さんは「びっくりです。いい思い出になります」と笑顔で話していた。

 ヤンマーミュージアムでは、達成を記念して五月十五日から六月二十四日までの有料入館者を対象に、記念品が当たる応募用紙を配布する。入館料は高校生以上六百円、小中学生三百円。毎週月曜休館(祝日の場合は翌日休館)。

 (桑野隆)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索