トップ > 滋賀 > 4月29日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

貸します「タンデム」 彦根市が拠点新設

「めぐりんこ」で新たに貸し出しを始めた2人乗りのタンデム自転車=彦根市本町で

写真

 彦根市は二十八日、同市本町の京橋口駐車場前休憩所内に、「彦根城京橋口サイクルステーション」を開設した。四月から県内の公道を走行できるようになった二人乗りの「タンデム自転車」の貸し出しも新たに始めた。

 タンデムは二人が前後の座席に乗り、それぞれがペダルをこいで進む。今まで自転車専用道路でしか乗れなかった。

 二人でこぐので速度が出やすいが、小回りが利きにくいため、練習してから公道に出てもらう。貸出料金は三時間半まで千円、一日千五百円。予約優先で貸し出す。

 彦根城京橋口ステーションは、愛荘、豊郷、甲良、多賀の四町と連携するレンタサイクル事業「めぐりんこ」の九カ所目となる拠点。車で訪れた観光客に利用してもらい、滞在時間を延ばす狙いだ。

 この日は市の人気キャラクター「ひこにゃん」も訪れ、めぐりんこの利用を呼び掛けた。

 営業時間は午前十〜午後六時。水曜と年末年始は休み。タンデムのほか、クロスバイクや電動アシストも貸し出す。

 (稲垣遥謹)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索