トップ > 滋賀 > 4月16日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

小雨の中、子ども歌舞伎奉納 長浜曳山まつり

大勢の観衆が見つめる中、境内で奉納された長浜曳山まつりの子ども歌舞伎=長浜市の長浜八幡宮で

写真

 長浜曳山(ひきやま)まつりは十五日に本日(ほんび)を迎え、長浜市宮前町の長浜八幡宮に勢ぞろいした四基の曳山の舞台で、それぞれ子ども歌舞伎が奉納された。あいにく小雨が降る中、出演した市内の男子児童らは勇壮に見えを切り、大勢の見物人を魅了した。

 子ども歌舞伎は、猩々丸(しょうじょうまる)、鳳凰山(ほうおうざん)、高砂山(たかさござん)、寿山(ことぶきざん)の順に奉納された。猩々丸は源義経や熊谷次郎直実(くまがいじろうなおざね)ら、鳳凰山は飛脚問屋の亀屋忠兵衛らがそれぞれ登場。長いせりふも間違えず、力の入った迫真の演技を披露した。旗本の土屋主税(ちから)らが登壇した高砂山、初代土佐藩主の山内一豊(かつとよ)らが登場した寿山の歌舞伎もあり、家族連れらが盛大な拍手を送っていた。

雨の降る中で奉納された長浜曳山まつりの子ども歌舞伎=長浜市の長浜八幡宮で

写真

 子ども歌舞伎に先立ち、市内の小中学生らが武者行列をする「太刀渡り」や、長浜小学校六年の沢本清司郎(きよしろう)君(11)による舞「三番叟(さんばそう)」の披露があった。

 (桑野隆)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索