トップ > 滋賀 > 4月15日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

ひこにゃん入り婚姻届 彦根市、撮影用ボードも

新たに作った婚姻届を手にするひこにゃんとスタッフ=彦根市本町で

写真

 彦根市は十三日、市の人気キャラクター「ひこにゃん」がデザインされた市独自の婚姻届の配布を始めた。早速、多くの人が市民課窓口を訪れた。

 新しい婚姻届のデザインでは、桜の花びらがあしらわれ、イラストのひこにゃんがお祝いの意味を込めて花束を掲げている。

 年間の平均で千人弱が市に婚姻届を提出していることから、多めに二千部を作成した。それでも、窓口の担当者は「このペースが続くと、用意した分が足りなくなるかもしれない」と話した。

 婚姻届を出した夫婦が記念写真を撮れるように、「ハッピーウエディング」と書かれたひこにゃんのボードも窓口に設置した。

 一組で一枚のみの配布。市役所市民課のほか、各地の支所や出張所の窓口でも受け取れる。

 (大橋貴史)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索