トップ > 滋賀 > 4月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

300人が「おめでとう」 ひこにゃん、12回目誕生日

贈られた誕生日ケーキをうれしそうに眺める「ひこにゃん」(右)と四番町スクエアのイメージキャラクター「やちにゃん」=彦根城で

写真

 彦根市の人気キャラクター「ひこにゃん」が十三日、十二回目の誕生日を迎え、彦根城天守前でお祝いセレモニーが開かれた。

 司会の男性が「ひこにゃんはただいま、こちらに全速力で向かっています」と話すと、数分後にゆったりとした足どりのひこにゃんが到着。ファンや観光客ら約三百人から祝福を受けた。

 遠足の一環で訪れた北里保育園(近江八幡市江頭町)の年長児三十一人が、花束とお手製のメッセージカードを手渡した。他にも、六十八人から、ぬいぐるみ、菓子などのプレゼントがあった。

 大久保貴市長は「皆さまの支えのおかげで、ひこにゃんには一年中休みなく、彦根城で“執務”をしてもらっている。ブラック企業でなく、赤備え応援団として頑張ってほしい」と労をねぎらった。

 市によると、ひこにゃんは年を取らないため、十二歳ではなく、年齢不詳。「国宝・彦根城築城四百年祭」のPRキャラとして、二〇〇六年に誕生した。四月十三日は名前が公募で決まった日で、市の特別住民票には生年月日として記載されている。

 (大橋貴史)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索