トップ > 滋賀 > 4月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

包括ケアの拠点に 彦根「森のお家」開所祝う

開所式で「365日の紙飛行機」を歌うスタッフと子どもら=彦根市高宮町で

写真

 彦根市高宮町に完成した地域包括ケアステーション「森のお家(うち)」で十一日、開所式が開かれた。

 重症心身障害の人、医療的ケアが必要な子どもや大人が利用できる多機能型のデイサービスや、訪問看護ステーションを完備。障害児の相談支援などにも取り組む。

 建物は木造一部二階建てで延べ二百九十七平方メートル。開館時間は午前九時〜午後五時で、土日、祝日は休み。訪問看護は休日、夜間を問わず対応する。

 開所式には、利用者や保護者、市、近隣町の福祉関係者ら七十人が出席。

 利用者の子どもは「楽しく元気に遊ぼう」とメッセージを寄せ、保護者の一人は「不安から希望に変わることができた」と感謝の言葉を述べた。

 柴田恵子理事長は「利用者や介護する人たち、地域の方など、皆が集まって安らぎ、ほっとできる場所にしたい」と話した。(問)森のお家=0749(49)2531 

 (前嶋英則)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索