トップ > 滋賀 > 4月10日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

青年農業発表“全国1位” 東近江ク、県庁で喜びを報告

受賞報告とともに、これまでの取り組みを発表するクラブのメンバーら=県庁で

写真

 農業に関わる意見や研究発表を行う「全国青年農業者会議」で、全国一位に当たる農林水産大臣賞を受賞した「東近江青年農業者クラブ」が九日、県庁の三日月大造知事を訪ね、受賞を報告した。

 東近江、近江八幡の二市と竜王、日野の二町で農業を営む二十〜三十代の農家二十三人でつくるクラブから、弓削田(ゆげた)信基会長(33)や日根野優樹前会長(31)らが出席。クラブでの取り組みを紹介しながら「東近江の農業のブランド化につながれば」と期待を語った。

 受賞のポイントとなったのは、県立八日市南高と連携して行った東近江市特有の花「ムラサキ」の生息に適した土壌の調査や、宿泊付きの農業体験の受け入れなど。またコメや牛、花きなど経営品目にばらつきがある中、クラブ内でチームを組み、東近江管内全体で農業の発展に注力したことも評価された。

 弓削田会長は「今までの先輩たちが積み重ねてきた活動が評価されてうれしい。これを機に、県農業のけん引や地域農業の発展に力を入れる」と話した。

 (高田みのり)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索