トップ > 滋賀 > 2月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

交通安全スローガン、優秀3作品を表彰

優秀作品として表彰された(左から)所さん、中村さん、谷さん=県庁で

写真

 県交通対策協議会は、二〇一八年度の県交通安全スローガンの優秀三作品を決め、作者を県庁で表彰した。

 受賞したのは、野洲市野洲中一年の中村桃花さん(13)、自動車教習所指導員の谷雅之さん(32)=大津市、彦根市彦根中一年の所晴生さん(13)。

 「事故防止 びわ湖と同じ 日本一」とした中村さんは、自転車で通学中に猛スピードの車に追い抜かれ恐怖を覚えたことがあるといい「事故の少なさが琵琶湖のように日本一になってほしい」と願いを込めた。

 「道ゆずり 横断歩道に 笑顔咲く」とした谷さんは「横断歩道に人がいたら停車するという意識が、だんだん薄くなっている」と警鐘を鳴らす思いを込めた。

 「危ないぞ スマホ傘さし 二人乗り」とした所さんは、身近で見かけた危ない自転車の乗り方を表現。「標語が使われると思うとうれしい」と笑顔で話した。

 千百二十三点の応募があった。優秀作品は路線バス車内で流されたり、交通安全に関する機関誌などに掲載されたりするという。

 (鈴木啓紀)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索