トップ > 滋賀 > 2月10日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

琵琶湖のアユ、低調続く 過去9年で2番目の不漁

写真

 昨年十二月の琵琶湖のアユ漁獲量は一七・二トンで、過去九年間で二番目に低調だったことが分かった。大津市の県水産会館で九日開かれたアユ資源緊急対策会議で報告された。歴史的不漁だった昨季の同時期(八・四トン)と比べると二倍だが、最盛期には程遠い状況だ。

 県漁業協同組合連合会(県漁連)によると、台風のため解禁が四日遅れた今季は当初、業者からの注文量二二・二トンを同十二月中に賄う予定だった。しかし十二月は一七・二トンにとどまったため、休止を決めていた今年一月も十五日まで操業し、ようやく二〇・二トンに達した。それでも注文量には届かなかったが、県内にはほぼ行き渡ったという。

 解禁当初の早期アユ漁で捕れるアユは「氷魚(ひうお)」と呼ばれる稚魚で、一キロ四千円前後の高値で取引される。漁獲が注文量に達すると、資源保護の観点などから漁を中断するため、漁期はその年の漁の好不調に左右される。過去九年間で最多の漁獲量だった二〇〇九年は、漁期二十四日間で三九・八トンが揚がったほか、一三年はわずか五日間で二七・五トンを記録した。

 県はこの日、今季の漁獲予想も公表。河川から琵琶湖に流れ出たアユが平年の18%にとどまり、その多くがすでに捕られていると予想されるため、「漁獲が伸びない可能性がある」とした。

 休止していた漁は、十日に再開する。県漁連の望月幸三会長は「漁期を空けた分、期待している」と話す一方、厳しい漁獲予想に「漁業者が生活できなくなる」と懸念を示した。

 (鈴木啓紀)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索