トップ > 滋賀 > 1月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

日本酒仕込みの梅酒試飲も 14日、長浜でフェスタ

完成した梅酒を囲む長浜バイオ大の学生ら=長浜市役所で

写真

 地酒の試飲や謎解きゲームなどが楽しめる「地の酒フェスタ+脱出ゲームin長浜」が十四日午前十時〜午後四時、長浜市元浜町のパウビルである。

 呼び物は、佐藤酒造(長浜市)と長浜バイオ大の学生が共同開発した日本酒仕込みの梅酒「つぼみうめ にごり」の試飲。

 昨年四月、佐藤酒造の佐藤硬史(かたし)社長が梅の新酒造りの協力を求め、成人している二、三年生の有志十三人が「梅酒プロジェクト」を結成。学生は六月から、梅の収穫やマーケティング戦略、成分分析、ネーミングなどに取り組んできた。

 当日は会場で試飲用の回数券式チケット(百円券が十枚)を販売。梅酒は一杯百円。佐藤社長は「学生がしっかり協力してくれた。ぜひ試飲して」とPRする。

 このほか、冨田酒造(同)や山岡酒造(同)、岡村本家(豊郷町)などの新酒や純米吟醸酒の試飲もできる。一杯百〜二百円。

 謎解きゲームは家族連れ向き。パウビル内と周辺を散策しながらクイズに答える。参加費は一グループ五百円。受け付けは午後三時まで。

 (問)長浜バイオ大支援センター=電0749(64)8132

 (桑野隆)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索