トップ > 滋賀 > 11月15日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

長浜・小谷寺の本尊開帳 みうらじゅんさん「チャーミング」

開帳されている如意輪観音半跏思惟像=長浜市の小谷寺で

写真

 戦国大名浅井家の祈願寺である長浜市湖北町の小谷寺で十八日まで、市文化財の本尊「如意輪観音半跏思惟像(にょいりんかんのんはんかしいぞう)」が開帳されている。

 金銅製で高さ二十二センチ。きゃしゃでしなやかな造形から、七世紀ごろに朝鮮半島で作られた渡来仏とみられる。

 作家のみうらじゅんさんは自著で「観音信仰の中でもっともチャーミングな仏さま」と紹介している。

 もとは秘仏とされてきたが、NHK大河ドラマ「江−姫たちの戦国」の放映に合わせ、二〇一〇年から年一回公開している。

 開帳は午前九時〜午後四時。十八日は午後三時まで。特別拝観料五百円。(問)小谷寺=0749(78)0257

 (渡辺大地)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索