トップ > 滋賀 > 11月10日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

秋色たっぷり「伊吹山」

紅葉シーズンを迎え、山腹が赤や黄色に染まる伊吹山=滋賀・岐阜県境で、本社ヘリ「あさづる」から

写真

 滋賀・岐阜県境にまたがる伊吹山(一、三七七メートル)が錦秋を迎えた。カエデやブナ、ナラなどの木々が山肌を赤や黄色に彩っている。

 伊吹山ドライブウェイを管理・運営する日本自動車道(岐阜県関ケ原町)によると、現在の見頃は標高七〇〇メートル付近。例年より一週間ほど色づき始めが遅かったが、今月に入ってからの冷え込みで一気に紅葉が進んだ。台風の影響も少なく、葉の量も多いという。

 同ドライブウェイの営業は二十六日まで。

 (横田信哉)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索