トップ > 滋賀 > 10月13日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

秘仏を50年ぶり公開へ 近江八幡・長光寺

 近江八幡市長光寺町の長光寺は十四、十五日、秘仏として本堂の厨子(ずし)に安置する「千手子安観世音菩薩(ぼさつ)」を五十年ぶりに公開する。

 長光寺は飛鳥時代に聖徳太子が開いた四十九院の一つ。菩薩は太子が香木を彫って作ったとされ、安産の仏様として親しまれる。

 十四日午前十一時から法要を営んで厨子の扉を開け、十五日午後四時半に再び閉める。撮影禁止。志納料五百円からで、記念の札と散華を配る。

 金子弘信住職(68)は「人生五十年とされたかつての名残から、半世紀に一度の開帳を続けてきた。仏さんを間近に見る貴重な機会にしてほしい」と話す。(問)長光寺=0748(37)7743

 (平井剛)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索