トップ > 滋賀 > 10月13日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

彦根城観覧料800円に 市議会、410年祭前より値上げ

 彦根市議会は十二日の最終日、彦根城の一般観覧料を十二月十一日から、八百円とする条例案を賛成多数で可決した。

 観覧料は条例で定め、国宝・彦根城築城四百十年祭期間の三月十八日〜十二月十日は従来の六百円から千円に値上げしている。

 条例の一部改正案では、四百十年祭後の同月十一日以降、従来の観覧料から百円値上げした七百円案が提案され、その後の修正動議で、二百円値上げの八百円にする案が賛成多数で可決された。団体料金も一部で値上げとなる。小中学生の二百円は据え置いた。

 七百円案を提出した獅山向洋議員は姫路城の入場料が千円であることなどを挙げ、「増収が見込めるので、市は城の維持管理費や文化財の保護などに充ててほしい」と料金改定の必要性を強調した。

 大久保貴市長は取材に「市民の皆さまと、もう少し慎重なやりとりをした方が良かったのではないかという思いがある」と述べた。

 市議会はほかに、「彦根愛知犬上地域ごみ処理施設に関する意見書」を可決するなどし、閉会した。

 (山村俊輔)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索