トップ > 滋賀 > 10月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

ポテチに「鮒ずし味」 カルビー、11月発売

「ポテトチップス鮒ずし味」をPRする篠谷さん(右)ら=大津市内で

写真

 カルビーは十一日、ふなずしの味わいを再現した「ポテトチップス鮒(ふな)ずし味」を十一月十三日から販売すると発表した。近畿二府四県のコンビニなどで購入できる。

 一袋五十五グラムで百二十円前後を想定。琵琶湖産のフナを乾燥させて粉末にしたパウダーに、酸味料を加えて味を再現した。開発担当者は「独特の酸味があり、うま味が後からくる」と表現する。パッケージにはふなずしの写真の他、信楽焼のタヌキ、県内の小学五年生が一泊二日で環境を学ぶ学習船「うみのこ」などを載せ、滋賀らしさを出した。

 同社が全国の地元の味のポテトチップスを開発する企画の一つ。鮒ずし味は県出身の社員らが、県職員の協力も得ながら四つの候補案から選んだ。担当した同社の篠谷佳菜子さん(39)=大津市出身=は「食べてもらうことで、ふなずし自体のファンにもなってほしい」と話した。

 滋賀は第二弾として十八都道県の味とともに発売される。第一弾は十七道府県の味を九月から販売している。

 (堀尾法道)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索