トップ > 滋賀 > 9月27日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

栗東の給食スープ、ハエ混入で提供中止

 栗東市教委は二十六日、同市川辺の学校給食共同調理場で十一日にキャベツのスープにハエ五匹が混入しているのが見つかり、スープ約五千五百食の提供を中止したと発表した。

 市教委によると同日午前十時ごろ、スープを作っていた大鍋に体長数ミリの「クロバネキノコバエ」が混入しているのを女性調理員が見つけた。サッシの隙間などから入り込んだ可能性があるという。

 他のメニューは混入の可能性がないと判断し予定通り提供した。調理場では市内の全九小学校や幼児園、保育園向けに給食を作っている。

 発表まで二週間以上かかったことについて、市教委は「原因調査などに時間がかかったため」と説明している。保護者には十九日付で文書を送ったという。

 (鈴木啓紀)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索