トップ > 滋賀 > 9月25日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

藤井四段ちなみ将棋駒 近江八幡でヨシ灯り展

将棋の駒に模したあんどん作品を楽しむ家族連れ=近江八幡市安土町で

写真

 ヨシの茎で組み立てた大小さまざまのあんどん作品を並べる「西の湖ヨシ灯(あか)り展」が二十三、二十四の両日、近江八幡市安土町下豊浦のよしきりの池一帯であった。

 琵琶湖の水や土壌を浄化するヨシの優れた働きを知ってもらうと同時に、ヨシの新たな活用法として広めようと、地元の市民団体などが二〇〇七年から毎年開いている。

 今年は過去最多の四百十点を池のほとりに並べた。作ったのは市内外の個人と団体で、家やドーム、ピラミッドなど、さまざまな形のあんどんが電球の光で闇夜に浮かんだ。

 将棋ブームの火付け役となった藤井聡太四段(15)の人気にあやかり、王将の駒に模した高さ二メートルのあんどんも登場。親子が記念写真を撮って楽しんだ。実行委員長の木野和也さん(71)は「出品者の顔触れや作品が多彩になり、この十年間でみんなが楽しむ催しに成長した」と喜んでいた。

 (平井剛)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索