トップ > 滋賀 > 9月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

盆梅展チラシ、怪獣映画風 長浜観光協、全国PRへ作成

怪獣映画をほうふつさせるデザインの「長浜盆梅展」のチラシ=長浜市役所で

写真

 大怪獣、襲来!?−。長浜市の長浜観光協会が作った早春の一大イベント「長浜盆梅展」のチラシが意表を突いている。国内最大級を誇る盆梅「さざれ岩」を怪獣に見立て、映画のポスター風にしたデザイン。首都圏をはじめ、各地で幅広い層へのPRを図る。

 樹齢約三百五十年、高さ二百七十五センチのさざれ岩は、盆梅のまち・長浜でもシンボル的な存在だ。チラシでは、薄桃色の花を咲かせ、威風堂々とした姿を怪獣として表現。背景に、スカイツリーやビルが立ち並ぶ都内の街並みを収めた。

 「長浜盆梅展」の真っ赤な文字の字体は、怪獣映画を思わせる。観光協会の岸本一郎会長も、赤いマントで胸に長浜の「N」のマークを付けた“スーパーヒーロー”に扮(ふん)して出演している。

 盆梅展には毎年、五万人前後が訪れる。六十七回を迎える今回は、来年一月十日から三月十一日まで慶雲館で開く。チラシは十万枚を作成。団体ツアーの商品開発用や店頭でのPR用に全国の旅行会社に配るほか、観光イベントで活用する。

 観光協会の担当者は、さざれ岩を怪獣に見立てた理由を「それぞれの盆梅が見方によって形が違い、美しい点を強調したかった」と説明。「ちょっとユニークなチラシで、幅広い年齢層の目を引きたい」と話した。

 (鈴木智重)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索