トップ > 滋賀 > 6月2日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

近江鉄道本線の見どころ再発見 3日にツアー 

近江鉄道沿線を巡るツアーへの参加を呼び掛けるガイドの辻さん=県庁で

写真

 レトロな駅舎など近江鉄道沿線の見どころを巡る「厳選! 近江鉄道本線こだわり旅」(東近江観光協会主催)が三日、開かれる。ガイドを務める東近江市佐野町の鉄道ライター辻良樹さん(50)は「観光資源としての価値を知ってもらえれば」と話している。

 ツアーでは、米原−貴生川駅間を電車で移動。昭和初期のモダンな洋風建築で知られる鳥居本駅や、登録有形文化財の愛知川橋梁(きょうりょう)などを回り、普段の利用では気付かないような見どころを辻さんが解説する。地元食材を使った弁当が付く。

 辻さんは「近江鉄道には歴史や魅力、価値が詰まっている。多くの人に楽しんでもらいたい」と話す。参加費四千八百円。午前八時十分に米原駅へ集合し、午後四時五十五分に貴生川駅で解散する。

 同じツアーは九月十六日にもある。辻さんは今月十七日と九月三十日に開かれる市観光協会主催のツアー「軍都の廃線跡巡り&八日市線こだわり旅」でもガイドを務める。(問)市観光協会=電0748(48)2100

 (角雄記)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索