トップ > 滋賀 > 5月7日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

競技かるた「名誉初段」に おおつ光ルくん

かるたの札を勢いよく飛ばすおおつ光ルくん=大津市神宮町の近江勧学館で(大津市提供)

写真

 大津市の観光キャラクター「おおつ光ルくん」が、競技かるたの「初段(名誉段)」に認定された。競技かるたが題材の映画「ちはやふる」にも出演するなど、PRに貢献したことが評価された。

 名誉段は、競技かるたの普及に貢献した人物に全日本かるた協会が贈る称号。四月二十二日の段位審査会で認定され、ゆるキャラとしては初めてという。

 おおつ光ルくんは、紫式部が源氏物語の着想を同市の石山寺で得たことにちなみ「二十一世紀版光源氏」として二〇〇八年に誕生した。

 公式プロフィルによると、和歌を詠むことが得意でかるたが趣味。団体戦の「おおつ光ルくん杯」が毎年あり、同市の近江神宮での大会には、たびたび応援に駆け付けている。

 気になるのは光ルくんのかるたの腕前だ。市観光振興課の担当者によれば「札を取ることはできます」。イベントやテレビ番組の収録で披露したことがあるが、普段はめったに見られない。無料通信アプリ「LINE(ライン)」で、びわ湖大津観光協会が提供するスタンプに、光ルくんが札を取る絵柄があり、担当者は「まずはこちらを見て」と言う。

 奈良県橿原市の観光PRキャラクター「さららちゃん」も同時に段位を認定された。同市には、百人一首第二番の持統天皇の歌に詠まれた天香具山(あまのかぐやま)があり、十月の国民文化祭では競技かるた会場になっている。

 (野瀬井寛)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索