トップ > 滋賀 > 5月2日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

藤堂高虎に会いに来て 出生の甲良、PR施設5日オープン

藤堂高虎をPRする観光拠点施設「和の家」=甲良町在士で

写真

 甲良町出身と伝わる戦国武将・藤堂高虎をPRする観光拠点施設「和の家(や)」(同町在士(ざいじ))が五日、オープンする。高虎にまつわる資料をはじめ、伝記漫画や関連商品も並ぶ。隣接する在士八幡神社では、恒例の藤まつりも開かれる。

 運営するのは、地元住民らでつくる一般社団法人「藤堂高虎公顕彰会」。施設は木造平屋の古民家を改修した。町が依頼して作った高虎のイラストをあしらったふすま、高虎直筆の書のレプリカ、トレードマークの大きな角のような二本の「纓(えい)」が特徴の兜(かぶと)などを見ることができる。京都市の京都国際マンガミュージアムが手掛けた伝記漫画も読める。

 施設がある在士地区は高虎の出生地とされ、かつては「藤堂村」だった。彦根藩二代藩主の井伊直孝が高虎を敬い、「武士が在った村」として名を在士に改めさせたという伝承が残る。

 施設では、地元の食材を使ったカレーなどのメニューを用意。豊郷町吉田の造り酒屋「岡村本家」が町産の米で仕上げた日本酒「戦国大名 高虎」や「高虎どらやき」などを販売する。

高虎のイラストをあしらったふすま=甲良町在士で

写真

 オープン当日は午前十時半〜午後四時。六日以降は午前十時〜午後三時。火、水曜は休館。

 藤まつりは午前九時五十分から。甲冑(かっちゅう)隊によるパレードのほか、午後一時半から、県内出身者四人でつくる男女混声トリプルボーカルバンド「Swimy(スイミー)」のスペシャルライブがある。(問)町産業課=0749(38)5069

 (山村俊輔)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索