トップ > 滋賀 > 4月21日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

おはやし軽やかに 水口曳山まつり7基巡行

多くの人たちが見守る中、境内に集まる曳山=甲賀市の水口神社で

写真

 甲賀市水口町で二十日、「水口曳山(ひきやま)まつり」があり、現存する十六基の曳山のうち七基が水口神社へ巡行した。

 江戸時代中期、町民らが土地の繁栄を祈願したのが始まりとされる県の無形民俗文化財。最大で高さ六・三メートルの曳山の屋上には、今年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」などをテーマにした人形「ダシ」を飾り付け、次々に宮入りした。若衆が笛や鉦(かね)、太鼓で江戸の神田ばやしの流れをくむ水口ばやしを奏でる中、拝殿の周囲を勇壮に引き回すと、見物客から歓声が上がった。

 岐阜県垂井町から訪れた木村進さん(70)は「京風の垂井の曳山とは違った味があり、踊りたくなるような浮き浮きしてくる感じですね」と話していた。

 (築山栄太郎)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索