トップ > 滋賀 > 4月17日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

攻守に奮闘、初の3連勝 レイクス

 プロバスケットボールBリーグ1部の滋賀レイクスターズは十五、十六の両日、アウェーで京都ハンナリーズと対戦し、74−68、82−75で連勝した。今季初の同一カード連勝で、初の三連勝。通算成績は十五勝三十八敗で、リーグ全体の十七位。

 十五日の試合は前半を3点ビハインドで折り返したが、第三クオーターを23−15として逆転。ゴール近くでの守備が機能した。クレイグ・ブラッキンズ選手が19得点10リバウンドと活躍した。

 十六日は前半で10点リードして主導権を握り、逃げ切った。ゴール下の守備を固める相手に対し、3点シュートが50%以上の高確率で決まったのが効いた。並里成選手が20得点8アシスト、ジュリアン・マブンガ選手が19得点、菅原洋介選手が14得点を挙げた。

 遠山向人ヘッドコーチは「チームの成長を美しく感じている。次節も気を引き締めて臨みたい」と話した。

 次節は二十二、二十三の両日、大津市のウカルちゃんアリーナ(県立体育館)で西地区覇者のシーホース三河と戦う。

 (井本拓志)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索